イギリスの科学者の研究によると、「時間の流れを遅く感じる薬を受刑者に服用させることで、8時間半の時間で約1000年の時の流れを感じさせることが可能になる」という。

研究者のローチェ博士が英誌「Aeon」に語った内容によれば「シロシビン、メスカリン、LSDなどの薬物の中には人間の時間の流れを遅く感じさせる物がある。時の流れを100万倍遅く感じさせる薬物であれば、8時間半で約千年の時の流れを感じさせられる」。

人道的か非人道的かの議論は必要になるものの、「懲役1000年」が実現する時代もそう遠くないかもしれない。

 

参照:dailymail
参照:aeon
参照:カラパイア

 








この記事に関するまとめ