世の男性たちは普段口にはしませんが、案外女性の言葉を気にしています。

恥ずかしさをこらえて言葉にすると、2人の仲はより良い方向に行くのではないでしょうか。

(1)○○くんだけ
『特別だよって言われてる感じがたまらなく嬉しいです』(27歳/金融)

男子は名前を呼ばれるのが大好きですが、そのあとに「だけ」なんてつけられたらテンションがブチ上がること、間違いなし。

ここぞ!というタイミングを見計らって、「これは、○○くんだけ!」と可愛い声で伝えてみよう。

愛され女子の座を我が物とすることができることだろう。

(2)頼りになる
『頼られると守りたくなる』(29歳/企画)

やはり男性は頼られたい生き物だ。

ありがちな言葉だが、これを言われると男性は男としての自覚が湧くものだ。

女性が女性扱いされたいように男性も男性扱いされたいのだ。
 

 
(3)かっこいい
『女の子にかっこいいって言われて嬉しくない男なんていないよ!』(31歳/経営)

男子という生き物は、幼児期から「かっこいい」が大好き。

女子に「かっこいい」と言われるためなら、どんな努力でもします。

もはや本能とも呼べるこの特徴をうまく利用して、男心をくすぐりましょう。

男心をくすぐってくる女子に、男子は嫌でも女性らしさを感じるものです。

(4)好き
『あらためて言葉で伝えられるのは嬉しい』(30歳/飲食)

とっておきの愛されワードは、やっぱり「好き」でしょう。

照れのハードルを乗り越えるポイントは、一言目は、彼の目を見ずにつぶやこう。

「え?」と聞き返されたら、チャンス。

次はしっかり目を見て「好き」とつぶやくのだ。

言葉にしないと伝わらない思いが、カップルの間には溢れているものだ。

(5)いつもありがとう
『普段頑張っているのを知った上で、感謝されるとまた頑張れる』(28歳/営業)

この言葉は、男女問わず言われたら素直に嬉しい言葉ではないだろうか。

単純に人として言われたら嬉しい言葉を常に口に出すことが大事だ。

日本人は大事な相手ほど照れてしまい簡単な言葉を言えなくなってしまうが、他人に言える言葉ほどみじかな人に伝える意識をしよう。
 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:【男のホンネ】彼女に言われて一番嬉しい言葉って? (2019年6月13日) – エキサイトニュース(2/2)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

 








この記事に関するまとめ