JR原宿駅の木造駅舎が2020年に行われる東京オリンピック・パラリンピック後に解体されることが分かりました。

2021年3月21日の始発から隣に作られている新駅舎の使用を開始するとのこと。

現在の原宿駅の木造駅舎は、1924年(大正13年)に作られました。
 


ネットの反応


・新しい駅はデザイン重視のでお願い
・改修工事でええやろ
・これオリンピックなかったら解体してないんじゃない?
・駅舎がなくなって同潤会アパートもなくなって原宿らしさが変わっていくな~
 

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(ANNnewsCH)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ