画像出典:Flickr(steb.photography)

保育園落ちた日本死ね!!!」という匿名ブログは、大きな反響を呼んだ。このブログを読んだ母親が、居てもたってもいられなくなり、はてな匿名ダイアリーに投稿した。

タイトル「障害児産んだら人生終わったから、日本死ねっつーか死にたい」の内容がこちらだ。

 


私は数ヵ月前に第一子を産んだ。

私20代、夫30代。

二人とも正社員だけど給料は高くない。

まあごく普通の夫婦。

共働きならなんとか子育てしながらやっていけると思った。

だけど、生まれたのは口からミルクを飲むことも息をすることもままならない重度の障害児だった。

医師や保健師からは、こういう状態の子供を産んで働いている母親はいないと言われた。

人工呼吸器をつけていたり、鼻に入れたチューブから栄養を取っている子はどこの保育園でも預かってもらえない。

みんな子供の介護をしながら、手当てをもらって暮らしている。それが当たり前だって。

引用:はてな匿名ダイアリー

 

かなり重度な障害を持った子どもが生まれたようで、口からミルクを飲むことも息をすることもままならないという。
 

手当てといっても給料と比べればわずかな額だ。

片働きになれば、今の家には住めなくなるし相当切り詰めた生活をしなければならない。次の子を持つのも難しい。

だったら、死のうかなって思ったよね。子供と一緒に。

就活をけっこう頑張って入った会社だったんだよ。

妊娠中、子育てに夢を描いて選んだ家だったんだよ。

そういうの全部なくして、残りの人生、親を親と認識できるかも分からない子の介護をするのかと思うと、絶望が凄い。

子供が可愛くないわけじゃない。でも失ったものが大きすぎる。

引用:はてな匿名ダイアリー

 

出生前診断でも分からない障害が多いらしく、「誰だって障害児を産む可能性はある」ということを指摘した。

この内容には、様々な意見が寄せられている。
 

■反響の声


 


 


 


あなたはどう考えるだろうか?

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:はてな匿名ダイアリー/障害児産んだら人生終わったから、日本死ねっつーか死にたい
画像出典:Flickr(steb.photography)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

※本記事内のFlickr画像につきましては、著作権者の方が無料使用を許可しているものを、Flickrの画像埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ