7月25日に行われた高校野球岡山大会決勝、創志学園vs玉野光南の試合で前代未聞の珍事が発生し、野球ファンたちのあいだで物議を醸している。

0−1の玉野光南リードで迎えた9回、創志学園の攻撃。1死1塁で迎えた難波選手の打球はピッチャーゴロ。ダブルプレーでゲームセット、玉野光南の勝利! かと思いきや・・・。

 


 


難波選手が自打球をアピールしたところ、審判団は協議に入り、なんとファウル判定として試合が再開されのだった。

創志学園はこの回4点を挙げ、逆転勝利を飾った。

この出来事は多くの野球ファンの間で議論を呼ぶことになってしまう。

 


 


 


 


 


 


 


スポーツの試合では、ちょっとしたことで試合の流れが大きく変わること変わることもある。

審判がすぐに自打球を確認できていれたらひょっとしたら・・・。など、色々と勘ぐってしまう。

審判団にはさらなるレベルアップや改善を求めるとともに、甲子園初出場となる創志学園には、玉野光南の分も頑張ってもらいたい。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:スポニチ/【岡山】9回ドラマ…判定訂正で創志学園初切符 玉野光南勝ったはずが…
参照:日刊スポーツ/創志学園が逆転甲子園 長沢監督「後味悪い」/岡山
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ