今年も“水不足”が不安視されるかと思いきや、東京では連続降水記録なども話題になったばかり。

神奈川県・宮ヶ瀬ダムは貯水率が過去最低の58%となり、異様な光景が見られるというのだ。

Twitterユーサーのキヨシロウ‏さん(@kiyoshiro_prpr)は、その様子を見てきたという。

 

 

そこには、村が存在していたと思わせるように、橋や道、道路標識までもが姿を現したのである。

まさに幻想的で、どこか怖さも残る光景だ。

 

 

建設時にいくつかの村がこの宮ヶ瀬湖に沈んだのだが、工事の際に取り残されたものだと思われる。

なんとも物悲しい景色なのである。

 

■Twitter上の反応

 

 

 

 

 

 

 

今のうちに、この“隠された村”を見に行ってみてはいかがだろうか。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ