正月も終わり、またいつもの日常が戻ってくる。正月にはお餅を食べ過ぎたという人も多いだろう。

この季節に多いのがやはり「餅をノドに詰まらせた」というニュース。美味しく食べれればいいものの、時には人を殺してしまう。

そんな情報を聞いた子どもが・・・!


 


 
なんとお餅を断固拒否!!(笑)

「君子危うきに近寄らず」ということだろうか。なるべく危険なものには近づきたくないという気持ちもわかるが・・・(笑)

これには「正しい」「それを言っては元も子もない」と様々な意見が飛び交った。


 

 

 

 


 
それを言ってしまったら、詰まる可能性のある食べ物全部食べれなくなってしまう気もするが・・・

しかし恐怖や苦手意識の感覚も人それぞれ。「餅は食わずとも生きていける」ということで、それも一つの選択としてアリかもしれない。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ