なぜ勉強をするのか??

誰しもが一度ならず、疑問を持ったことがあるのではないでしょうか。

レ点(@8jouhan_ns)さんも小学2年生のときに疑問に思い、母親に訊ねてみたそうです。

 

ただのお茶の入ったコップ。

だけど、学校の勉強によって、さまざまな視点で見ることができる。

国語なら「透明なコップに入った濁ったお茶」。

算数なら「200mlのコップに半分以下残っているお茶」。

社会なら「中国産のコップに入った静岡産のお茶」。

 

視点が1つしかないのはもったいない。多様な価値観や視点を持つことで、心までも自由になっていく。

 


 


 


勉強をして視点を広げる。それは大人になっても大切なこと。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ