「仁神術」という指を揉むだけで、身体の状態やメンタルをケアする方法をご存知だろうか。創始者は村井次朗さんで、日本で古来から行なわれていた治療法をアレンジしたものだ。

方法は簡単だ。自分の指を症状に合わせて、1分間しっかり揉むだけ。それぞれの指に効果があるそうで、内容は以下になる。

 

画像出典:YouTube(アダルト・チルドニャン)

 

■身体への効果

親指→ お腹・脾臓(ひぞう)が弱っているとき、消化不良のとき
人差し指→ 腎臓・膀胱(ぼうこう)が弱っているとき、背中のだるさや痛みがあるとき
中指→ 胆嚢(たんのう)・肝臓が弱っているとき、全体的な疲れがあるとき
薬指→ 肺・大腸が弱っているとき、気管支がつまっているとき
小指→ 小腸・心臓・循環器系・骨が弱っているとき、肩周辺のだるさがあるとき

 

■精神への効果

親指→ 心配事があって心がモヤモヤしているとき
人差し指→ 恐怖を感じるとき
中指→ 怒りを感じているとき
薬指→ 寂しいとき
小指→ 何か行動を起こしたいとき

 

 

揉むだけなので、試してみてもいいかも!

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(アダルト・チルドニャン)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ