先日、AppleからiPhoneXやiPhone8などが発表され、ケータイ販売各社でも競争が激化していく時期。端末本体を売るのはもちろん、より高い料金プランで売りたいというのが当然本音だろう。

店員さんの勢いに流されて、つい必要以上に高いプランに申し込んでしまった、という苦い経験をお持ちの方もいるだろう。

そんな人が読んだらスカッとするような、店員さんとITエンジニアのやりとりが今話題になっている。
 


 
どうにか高い料金プランを契約させようと売り文句を語ってくる店員さんを、見事にバッサリ斬り捨てるツイ主さん。

これはスカッとする!

店員さんの言うことも確かに一理あるかもしれないが、必ずしも通信量や閲覧料が比例するとはとても言い難い。

これに納得した人や、似たような経験をお持ちの人からコメントが集まっている。

 

■Twitterの反応

 


 


 


 


 

 

自分のライフスタイルに合ってさえいれば、決して高い料金プランが悪いというわけではない。

要は分相応なプランをしっかり選ぼうということ。

店員さんに何を言われようと、落ち着いてしっかり自分に最適な料金プランを見極めることが大切だ。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ