芸人のスマイリーキクチさん(43)による、ネット上の誹謗中傷やリベンジポルノ、ストーカーなどの対策をまとめた動画がYouTubeで公開されている。

 

 

スマイリーキクチさんは、1999年ごろに「実際に起きた殺人事件の犯人である」などと根拠のないデマ情報がネット上に出回り、これを信じた者による誹謗中傷、嫌がらせなどの被害が10年以上に渡り続いていた。

2008年〜2009年に行われた警察の捜査で、中傷犯19人が逮捕された。このとにより、事件は解決したわけではなく、スマイリーキクチさんのもとには未だに少数ながら、誹謗中傷の書き込みなどが行われているという。

しかし、それと同時に、事件が報道されるにつれて増えたのはスマイリーキクチさんと同じようにネット上の誹謗中傷やリベンジポルノ、ストーカーの被害に遭っている人からの相談だったそうだ。

ここでスマイリーキクチさんは立ち上がり、本動画の制作・公開に至った。

動画は、テーマ別に10本に分かれている。

 

1 はじめに(各対処法について)
2 インターネット上の誹謗中傷の対処法
3 リベンジポルノの対処法
4 ストーカー被害の対処法
5 警察に行く際の手順と注意点
6 投稿者の身元を特定する捜査手順
7 相談窓口の紹介
8 知っておこう!身近な防犯対策
9 SNSを利用する際の注意点
10 メッセージ(被害に遭われてしまった方へ)

 

動画の冒頭で、「証拠を集めるのは自分の作業」「相手の身元を特定し、逮捕するのは警察の仕事」などと、かなり具体的なアドバイスがなされている。

インターネット上の誹謗中傷の対処法としては、中傷を書かれたときはパソコン、スマートフォン、携帯電話にデータを保存することが大事だという。また、掲示板への書き込み、ブログのコピペ、リツイートも処罰の対象になることを教えてくれている。

ただし、一連の動画の内容はあくまでも「スマイリーキクチさんの場合」であって、他にも方法はたくさんあるはず、と前置きしている。

ネットでのトラブルや被害は、著名人だけではなく、もはやいつ自分の身に起きてもおかしくない時代だ。

実際に被害に遭ってからではなく、事前に見ておけば、未然に防ぐこともできるかもしれない。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(スマイリーキクチ)
参照:Wikipedia/スマイリーキクチ中傷被害事件
関連:Amazon/突然、僕は殺人犯にされた (竹書房文庫)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ