「もう疲れた・・・」

中国・広州市にあるとあるショッピングモール内のミニ動物園で飼育されているシロクマはそんな様子でぼんやりしている。

 

画像出典:dailymail.co.uk

こちらのシロクマはショッピングモールに訪れる客の目を引いており、スマートフォンでバシャバシャと撮影される日々を送っている。写真を撮られるのもストレスだが、そのストレスを発散できないような狭い飼育スペースなのは、もっとストレスだ。

 

画像出典:dailymail.co.uk

 
画像出典:dailymail.co.uk

 
画像出典:dailymail.co.uk

このショッピングモールに訪れる客の数は一日でなんと80万人にも及ぶが、施設内の動物展示エリアにもこのうちの多くが流れ込み、写真を撮っていく。

 

画像出典:dailymail.co.uk

もっと動きまわりたい、遊びたい。でも動くスペースもなければ、いるのは好奇心で寄ってくる人間だけ。本来自然の中で生きるべきシロクマにとってどれだけのストレスだろうか。

この疲れ切ったシロクマはまちまちネット上でシェアされ、すでに閉鎖を要請する署名が37万5000も集まっているという。

動物愛護団体の職員がこのモール内動物園にアドバイスしたことで、以前よりは若干飼育環境が改善されているというが・・・。

 

画像出典:dailymail.co.uk

シロクマのこんなに疲れた表情を見ると、心が締め付けられそうだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:dailymail.co.uk/EXCLUSIVE – Trapped in a glass prison: ‘World’s saddest polar bear’ bangs against a metal door in a Chinese shopping centre as gawping tourists take SELFIES
参照・画像出典:thesun.co.uk/BACK… AND SADDER THAN EVER Thousands sign petition to save world’s loneliest polar bear who spends his miserable days posing for selfies inside Chinese shopping mall
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ