師走に入り、今年も忘年会シーズンがやってきました!
 
 
連日の飲み会でついつい飲み過ぎ、二日酔いに苦しむ方も増えてくるのではないでしょうか。
 
 
そんな時に役立つ、「5つの二日酔い対策法」をご紹介します。
 
 
これらは、アメリカ・ラスベガスで二日酔い専門のクリニックを開業しているジェイソン・パーク医師が公開している方法です。
 
 
 
 

ベリー系の果物、緑の野菜を食べる

 
ザクロやアサイー、干しぶどう、ベリー系の果物にはベラトールという成分が多く含まれており抗酸化作用が期待できます。
 
ホウレンソウやケール、ブロッコリーなど、緑色の濃い野菜も二日酔い対策に効果があるようです。
 
 
 
 

コーラを飲む

 
コーラに含まれるとされるコカの葉にも抗酸化作用があり、頭痛を和らげてくれるとか。
 
 

スムージーを飲む

 
材料によって、二日酔い対策に効果のある食物をまとめて摂取できるすぐれもの。
 
オススメの組み合わせは、アーモンドミルク、ザクロ、アサイー、ホウレンソウ、ビタミンパウダーだそうです。
 
 
 
 

鎮痛剤を飲む

 
二日酔いにより体内で起きている炎症を鎮めてくれます。
 
ポイントは、二日酔いになることが予想される前の晩に服用しておくことです。
 
 
 
 

ジャンクフードを食べる

 
意外かもしれませんが、ジャンクフードに含まれているタンパク質や脂肪分が炎症している内臓の修復を助けてくれるようです。
 
ビタミンBを含んだベーコンはアルコール分解を手助けしてくれますし、タンパク質と脂肪を一緒に吸収できるチーズもオススメだとか。

 
 

 
 

二日酔い対策を知ったからといって、
 
皆さん、くれぐれも飲み過ぎには注意して忘年会シーズンを乗り切ってください。
 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:Mashable/5 DIY and safe hangover cures to try this weekend
参照:Hangover Heaven
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)
 
 

※本記事内のFlickr画像につきましては、著作権者が無料使用を許可しているものを、Flickrの画像埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ