政府与党は16日、「子育て世帯臨時特例給付金」(子育て給付金)を2016年度から廃止することに決めた。
 

朝日新聞の報道によると、公明党は継続を求めたが、軽減税率導入で公明党に譲歩したため、自民党は取り合わなかったという。

子育て給付金は、2014年4月の消費税率8%への引き上げにともなって導入された。高所得世帯を除いて、中学生までの子ども1人あたり1万円、2015年度は3000円を支給した。

これに対してTwitterでは怒りの声が多く見られる。
 

 

自民党は新3本の矢として、「夢をつむぐ子育て支援」を掲げ、希望出生率1.8を目指すとしていたが、子育て給付金廃止は逆行ではないだろうか。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:朝日新聞/子育て給付金、来年度から廃止へ 1600万人が対象
参照:読売新聞/子育て給付金、16年度の実施は見送り…自公
参照:産経新聞/政府・与党、今年度で子育て給付金を終了
参照:自民党/「『新3本の矢』アベノミクス第2ステージへ」 安倍総裁記者会見
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ