夏本番、「今年は飛行機に乗って・・・」とウキウキしている人も多いだろう。飛行機ってなんであんなに人の心をわくわくさせるんだろうか。

旅行者の中には「実は飛行機に乗るのが一番楽しみ」だったりする人も多く、やはり空を飛ぶことへの憧れはいまだ健在のようだ。

・・・だが、どんな業界・産業にも客には秘密にしている、または乗客にはあまり知られていないことがある。今回はソーシャルニュースサイト「Reddit」に寄せられた航空業界勤務の方々からの回答をもとに、そんな「秘密」を紹介していきたい。

 

画像出典:lifehacklane.com

1 トイレの洗面台の水はあまりきれいとは言えない。万全を期したい場合はミネラルウォーターをもらった方がよさそうだ。

 

画像出典:lifehacklane.com

2 乗客に配られるイヤホンは新しいものではない。クリーニングはされているだろうが、他人が使ったものを使いたくない人は自前を準備して。

 

画像出典:lifehacklane.com

3 ペットも旅行に連れていくことを考えている人は、少し考えた方がいいかもしれない。実はペットたちが収納されるスペースの「ごおぉぉー!」という音はすさまじいらしく、このスペースを管理する職員は耳にガードをつけているほどだとか。かわいいペットにはこの騒音、きつい・・・。

 

画像出典:lifehacklane.com

4 パイロットだって休憩する。だからもう一人のパイロットと交換で眠るのだが、様子を見に操縦席に戻ると、操縦していたパイロットが寝ていた!という報告が33%もあるのだ。人間だから仕方がないといえば仕方がないが・・・。

 

画像出典:lifehacklane.com

5 飛行機の離陸前と着陸前は電子機器の電源を切らなければならないが、「電源をお切りください」のアナウンスの後、ちゃっかりスマホでメールをしているCAがいるとの報告がある。何やってんの・・・。

 

画像出典:lifehacklane.com

6 預けた荷物はそこまで丁寧に扱われていない。「ワレモノ注意」とのステッカーを貼っていても、だ。とにかく早く飛行機に搭載しなければならないので、気を使ってられないらしい。

 

画像出典:lifehacklane.com

7 夜のフライトでも、着陸前は飛行機内の照明がすべて落とされる。その理由は、万が一着陸に失敗して外へ避難する事態になった場合に備え、暗闇に目を慣らさせておくためなのだ。そう、あの照明が落とされる時から「万が一」への準備が知らないうちに行われていたのだ!

 

画像出典:lifehacklane.com

8 操縦士と副操縦士は二人同時に食中毒になってしまわないよう、それぞれ別の食事をとるらしい。でも食事全部がアウトだった場合はどうすればいいんだろう・・・。

 

画像出典:lifehacklane.com

9 時々人間の臓器も搭載されている。「うわぁ」と思ってしまいがちだが、人命のため!

 

画像出典:lifehacklane.com

10 飛行機は雷に普通に打たれているらしい。だが心配ご無用。ちゃんと避雷の設備がある。

 

画像出典:lifehacklane.com

11 飛行機のタンクの水がそこまできれいではないので、気になる人はタンクの水で作られたコーヒーやお茶も避けた方がいいかもしれない。

 

画像出典:lifehacklane.com

12 長時間フライトでよく座席に置いてあるミニクッション。実はこれも新しいものではないし、時には洗われていないことも。同じく食事トレーも・・・。

 

画像出典:lifehacklane.com

13 トイレの扉でよく見かける禁煙マーク。実はこれ、「中で吸うなよ!」という注意の役割以外にも、このタグを横にずらせば扉を外から開けられるらしい。ちょっと!変なこと考えないで!

 

画像出典:lifehacklane.com

14 いつも経験の豊富はベテラン操縦士が操縦しているわけではない。下請けから経験が多くない操縦士を雇うこともしばしば。

 

画像出典:lifehacklane.com

15 CAにチップをあげることは別に禁止されているわけではない。いいサービスを受けた、または受けたい場合はチップをあげてもいい。だが、チップをあげた上での強引な口説き等は控えた方がいい。

 

画像出典:lifehacklane.com

16 ごく稀にだが、飛行中に燃料が底をつくことがある。「え?もう飛べないんじゃ・・・」素人は心配してしまうが、燃料がなくてもある程度は飛べるのだとか。

 

画像出典:lifehacklane.com

17 もうすでにお気づきの人もいるだろうが、飛行機は禁煙のはずなのに灰皿があったりする。その理由は、「万が一煙草に火をつけて吸ってしまった人がきちんと灰皿で火を消せるようにするため」だ。トイレ等でこっそりたばこを吸う人は常にいるが、スモーカーが吸殻をトイレのゴミ箱等に捨ててしまうと火事になり、大事故につながりかねない。だったら灰皿を設置して適切に吸殻を処理してもらった方がマシ、ということなのだ。

 

画像出典:lifehacklane.com

18 離陸する前から翼のフラップ(よく翼の面積を変えるために動いている部分)が上げることはすなわち、「ハイジャックされてますよ」というシグナルなのだとか。

 

画像出典:lifehacklane.com

19 機内に小さなキャリーバッグを持ち込む場合、バッテリーなどは取り除いておいた方がいいかも。CAが小さな音を少しでも感知すると、バッグの中身検査をされてしまう。

おもしろい豆知識もあれば、ゾッとするような話もあるが、それでも飛行機搭乗を楽しみにしている人は後を絶たない。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:lifehacklane.com/20 Things You Should Know Before Booking Your Next Flight
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ