生命をこの世に送りだすのは女性だが、世に名を残すの人間のは多くは男性である。長年、そして現在でも男性の陰に隠れ、世間の脚光から遠ざけられいる女性は多い。

しかし、実は女性が残した功績というのも多くあるのはご存知だろうか?

しかもこの女性たちが残したものは世界を変えるほど大きなもの・・・。

それでは、偉大な功績を残した世界のすごい女たち10人を紹介していこう。

 

画像出典:reallyfacts.com

1 エイダ・ラブレース伯爵夫人は1815年生まれのイギリス貴族だが、彼女はコンピューターでプログラムされるアルゴリズムを最初に作った人物として知られている。伯爵夫人でありながら、世界で最初のプログラマー。コンピューターの基礎理論には女性が大きく関与していたのだ。

 

画像出典:reallyfacts.com

2 物理学の世界でも女性が活躍!呉健雄博士、名前こそ男っぽいが、中国系アメリカ人の女性科学者もその一人だ。専門は放射線物理学で、あの原子爆弾の開発にも大きく貢献したという。被爆国の日本としては複雑な気持ちになるが・・・。

 

画像出典:reallyfacts.com

3 イーディス・サマーヒルは医学博士でありながら、女性の権利向上のため精力的に活動したフェミニストだった。特に女性労働者の権利への活動では有名だ。

 

画像出典:reallyfacts.com

4 こちらはシーリーン・エバディ、イラン人の女性弁護士だ。彼女は中東イスラム圏での女性・子供の権利を守るべく活動しており、ノーベル平和賞も受賞している。が、そんな彼女の活動はイラン国家にとって面白くなかったようで、現在、彼女はイギリスに亡命している。

 

画像出典:reallyfacts.com

5 アフリカでは女性初の大統領となったリベリア人のエレン・ジョンソン・サーリーフ。
彼女も女性の権利保護とアフリカ和平活動で有名であり、2011年にノーベル平和賞を受賞した。現在もリベリア大統領であるが、軍縮方針を貫くなど、平和を中心とした国づくりを目指している。

 

画像出典:reallyfacts.com

6 映画といえばアメリカ・ハリウッドが有名だが、世界で初めての女性監督はフランス人のアリス・ギイ・ブラシェだ。制作に携わった映画作品はなんと700以上にも及ぶ。芸術の世界だって女性は男性に負けていない。

 

画像出典:reallyfacts.com

7 C.J.ウォーカー女史はアメリカのルイジアナ州で生まれたアフリカ系アメリカ人女性だが、自分の力で億万長者になった企業家として有名だ。彼女は黒人女性向けの美容グッズを製造・販売したことで事業に成功。彼女が亡くなった1918年時点で、アメリカの黒人女性一の億万長者だったというのだから驚きだ。

 

画像出典:reallyfacts.com

8 マリー・ストープスはイギリスの作家であり、産児制限運動の活動家だった。避妊を一般に浸透させるため、避妊対策のクリニックを設立したことでも知られる。「中絶をする事態は避けたい。だからこそ女性に避妊の知識を」というのが彼女の考えだった。

 

画像出典:reallyfacts.com

9 もはや知らぬ人はいない、ドイツのトップ、アンゲラ・メルケル首相。実は彼女がドイツで初の女性首相だったことはご存知だっただろうか?先日イギリスの国民投票でイギリスがEUから離脱するという結果が出たが、そうなると色々な意味で優等生ドイツに過大な負担がかかることに。メルケル女史、正念場である。

 

画像出典:reallyfacts.com

10 女性なら知っている方が多い化粧品ブランド、ヘレナ・ルビンスタイン。自分の名前をブランドに冠したヘレナ・ルビンスタイン女史はポーランド系アメリカ人で、1965年時点では世界一の富豪女性だったそうだ。

いかがだっただろうか?時代や文化、宗教などによっては人生に高いハードルがある女性の人生だが、そんなハードルも、越えるどころか破壊してしまうようなパワフルさが、実は女性にはあるのかもしれない。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:reallyfacts.com/10 World-Changing Women You’ve Never Heard About
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ