治安の良い日本と同じような感覚で海外でも歩きスマホなどをしていると、一瞬のスキを突かれて強奪されてしまうことなどがたまにある。

本体に高い価値のあるスマホは窃盗犯からしたら格好の的なのだ。

こちらの動画に映る男性は、1人の男性がスマホ強盗に会う直前なのだが、驚きの方法でスマホを守ったのだ。

その方法とは?

 

 
画像出典:YouTube(World Wide Web)

 
画像出典:YouTube(World Wide Web)

 
画像出典:YouTube(World Wide Web)

 
画像出典:YouTube(World Wide Web)

背後から怪しげな男が近寄ってくる・・・。

するとスマホを操作していた男性は、なんととっさに隣の塀の中にスマホを放り投げてしまった。

窃盗犯にとって『時間がかかること』『手間がかかること』などの、捕まるリスクが上がることは大敵なのだ。

為す術もない窃盗犯。これはお手上げだろう。

持ち主の男性は、個人宅であれ何であれ、塀の中で事情を話してスマホを捜索すればいいだけ。高々と投げたスマホが割れてなければいいのだが・・・笑

こういった考え方は他の犯罪を未然に防ぐ上でも役に立ちそうだ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(World Wide Web)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ