報道各社によると、韓国の人気作家・申京淑(シン・ギョンスク)さん(52)が、自身の著作で盗作をしたことを認め、謝罪した。
 
 
申さんが1990年代に発表した短編『伝説』に、三島由紀夫の小説『憂国』の一部を盗作した疑惑が、韓国内の別の作家からの指摘により浮上。当初は否定していたものの、刑事告発されるなど騒動が広がっていった。
 
 
そして、6月23日付の韓国紙「京郷新聞」のインタビューでこのことに触れられ、盗作を事実上認めたようだ。
 
 
しかし、申さんは盗作を認めながらも「『憂国』を読んだ記憶はないが、読み比べた結果、指摘は当たっている。もはや記憶が信じられない状況だ」と、なんとも歯切れの悪いコメントを残している。
 
 
また、申さんはこのことを受けて「執筆はできない」として、しばらくのあいだ休筆する意向を表明した。

 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:スポニチ/韓国人気女性作家 三島作品の盗作認めた「記憶が信じられない」
参照:産経ニュース/韓国の人気女流作家 三島由紀夫の「憂国」からの盗作認め謝罪、執筆活動の自粛を発表
画像出典:Amazon/花ざかりの森・憂国―自選短編集
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

 








この記事に関するまとめ