安易な、写真の投稿にご用心!

飛行機に乗った際、窓から見える風景などを撮影し、自身のSNSアカウントにその写真を投稿する。

今では多くの人が、当たり前のように行っているこの行為に警鐘を鳴らす人物が、Twitter上に現れた。

Grant㌠@最終回の人 (@SgtCoward)さん。自身も航空機に造詣の深いらしいこの方曰く、そういった写真は航空機マニアから、容易に“特定”されてしまう危険性があるというのだ。

 

その対策としては、そもそも機内から写真を撮らないこと。

または写真の日付時刻をアプリなどを使い、変更するといった方法が挙げられている。

実際、Grant㌠さんは“リプ欄”にて他のユーザーから提示された写真について、少ない情報からかなり正確な推測を行っており、その筋の人にとっては、少しの情報でも容易に特定が可能であることが実証されている。

 

 

そういった撮影側に対する警告と共に、知識を授ける側への注意もGrant㌠さんは併せて行っている。

質問されたら気兼ねなく答える、というのが今のネット上では当たり前になっているが、質問者の背後にどういった意図が隠れているかは、顔を合わせない以上、現実よりも分かりにくいものがあり、彼が憂うのも当然だろう。

楽しい時間を共有したいという思いもごもっともだが、投稿ボタンを押す前にこれらの“危険”について、ぜひ一度ご再考を。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ