オナラがなんと、様々な病気の予防となることが判明した。

 

画像出典:Mirror

具体的に効力を発揮するのは、ガン、心臓マヒ、痴呆に対してで、これはオナラに含まれる硫化水素が大きく関係しているという。

この成分は、オナラの臭いの元とも言える成分で、人体に多量に吸収されると命にも関わるが、少量の場合、細胞を守り病気と戦うということがこのたび確認された。

硫化水素に、このような効能があることを突き止めたのは、イギリス・エクセター大学の研究チーム。細胞は病気などにさらされストレスを受けると、硫化水素生成のため酵素を取り込むそうだ。

硫化水素は、血中で酸素からエネルギーを作るミトコンドリアを特に防護する特性を持っていて、硫化水素なしでは、人体の細胞は容易に破壊され死んでしまうという。
 

画像出典:Mirror

現在、研究チームは、AP39というオナラをベースにした試薬を開発していて、これは少量の硫化水素を細胞に送ることによって、細胞の生存性を向上させることを目的としたものになる。

動物実験はすでに行われていて、実験では試薬を投与しない場合と比べて、大幅なミトコンドリアの生存が確認されているという。

研究チームを率いるマーク・ウッド博士は、「硫化水素は、腐った卵やもちろんオナラなどにも含まれる自然由来の成分で、この成分の研究が進むことによって将来多くの人が病気から救われるでしょう」と意欲を燃やしている。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Mirror/Farts can fight CANCER as well as other killer diseases and conditions, scientists claim
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ