2011年9月、さいたま市の小学6年生の桐田明日香さんが、駅伝の課外練習中に倒­れ、その翌日に死亡するという事故が起きました。

 
 

学校関係者は、明日香さんが心停止状態にあると判断することができず、保健室に置かれていたAED(自動体外式除細動器)を使用しませんでした。

 

 

倒れてから11分後、救急隊が到着したときには、明日香さんは心臓と呼吸が止まっていたのです。

 
 

心停止後にも、「死戦期呼吸」という「ゆっくりとあえぐような呼吸」をすることがあります。

 
「呼吸がある」と思いこんでしまい、それが判断を鈍らせたのでしょう。

 

 

 

 

この事故の反省をふまえ、AEDが身近なところにありながら適切に使われなかったケースがなくなるようにと、

 

さいたま市教育委員会はご遺族とともに、「体育活動時等における事故対応テキスト:ASUKAモデル」を作成しました。

 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:NPO 大阪ライフサポート協会 PUSHプロジェクト ホームページ
参照:さいたま市公式サイト
参照:使おうAED 減らせ突然死
参照:NHK生活情報ブログ/AED 明日香さんが残したメッセージ
サムネイル画像出典:YouTube(減らせ突然死プロジェクト)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ