服の修繕、ボタン付けなどで裁縫道具を手に取る機会がある人は多いだろう。

しかし最初にして最大の難関が『針の穴に糸を通すこと』。

通るときはすんなり通るのに、通らない時はいつまでも通らずにイライラ・・・そんな経験があるのでは?

こちらの動画では、糸通しも使わずにすんなり針の穴に糸を通すワザを紹介している。

 

 
画像出典:YouTube(honeybee)

 
画像出典:YouTube(honeybee)

 
画像出典:YouTube(honeybee)

まずは手のひらに糸を乗せる。

そしてその上から、針の穴を糸にこすりつけるようにスリスリ。

すると針の穴から、糸が輪っかのようになって出てきた!

あとは輪っかになった糸を引き抜けば、もう穴に糸が通っている!

手の滑り加減や穴の大きさ、力加減などに左右されそうだが、一度感覚を掴めば今後の糸通しがだいぶ楽になりそう。

大事な衣服や、買い直すと高い冬物の修繕など。裁縫の予定がある人はぜひお試しあれ!

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(honeybee)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ