歩道を歩く歩行者を付け狙う、車に乗った強盗。気を抜いたスキを狙われると逃れられないため、日本国内でも油断はできない。

こちらの動画は夜の道路を映した監視カメラの映像。

人通りの少ない道路を一人で歩く男性。そして強盗が乗った車がやってきて・・・

 

 
横に車を付けられ「あ、自分が狙われてる」と気づいた男性。

すると彼は、歩いていた道を全速力で逆走しだした!それを車もバックで追いかける。

そして車が追いつくと、また男性は切り返し逆走。完全に車を翻弄している。

そうこうしている間に他の車もやってきて、強盗からしたら少々めんどくさい状況に。

さすがに付き合いきれなくなったのか、強盗の乗った車は諦めて走り去って行った。

ただ正直に進行方向に走っていても車からは逃げられないと判断した男性のアイデア勝ちだ。

もちろん歩行者を跳ね飛ばしに来られたらお手上げだし、必ずしも成功する手段ではないが、一つの防御策として覚えておいて損はないだろう。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ