酔っぱらいによる立ち小便。
 
 

街が汚れるかなり悩ましい行為だが、ドイツ・ハンブルグの繁華街にて、画期的なアイデアによる防止法がとられている。
 
 

その防止法は、建物の壁の下に水をはじくコーティング剤を塗るというもの。
 
 
立ち小便に困った地元住民グループが、造船などに使用される撥水(はっすい)塗料を、2軒の建物の壁に塗った。
 
 

酔っ払いがその壁に小便をすると・・・自分に跳ね返ってきて小便がひっかかるというわけだ。
 
 

壁に水をはじくコーティング剤を塗る。
 
 

コーティング剤が塗られた壁に小便をすると、跳ね返ってくる。
 
 

跳ね返ってきた小便に驚く酔っ払い。

 
 

汚れたとしても自業自得。住民が困っていることを、身にしみて分からせる方法としてはアリ??
 
 

動画は英語だが、跳ねっ返り具合がわかる。これはたまらない!?

 
 

 








この記事に関するまとめ