画像出典:Mail Online

報道各社によると、インドのマハーラーシュトラ州ジャルナ在住の少女(17)が、刃物を持った2人組にレイプされる事件が発生した。

犯人は少女との性行為を撮影しており、それをネタに犯行後も少女とその母親をゆすり始めたというのだ。

この事件は少女の通報で明らかになり、警察はあろうことか、この少女を“おとり”にして捜査を行い、レイプ犯を逮捕しようと企てたのだ。

ゆすられている被害者の少女が犯人と待ち合わせて、金を払ったところに警察が突入して逮捕、という流れを計画していたらしい。

しかし、少女と犯人の接触の際、警察は「連絡ミス」により少女を見失ってしまった。そして、少女は再びレイプされてしまったという・・・。

この数時間後、犯人は駅で逮捕されたそうだが、警察のずぼらなミスがあまりにも酷すぎる。

この事件に関係した警察官は停職処分を受けたようだ。

もはや何を信じたら良いのかわからない、救いのない事件だけに、衝撃は大きい・・・。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Mail Online/Indian teenage rape victim is used as ‘bait’ in a bid to lure her attackers… but is raped again after bungling Indian police failed to follow her to meeting point
参照:NDTV/Teen Rape Survivor Used as ‘Bait’ by Police in Maharashtra Raped Again
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ