スペインのセヴィージャで、その事件は起きた。

なんと、闘牛士のロカ・レイさんのお尻めがけて、闘牛の角が突き刺さったのだ! さらに闘牛は角に彼を刺したまま乗せて暴れ、無造作に放り投げる。
 

画像出典:DailyMail Online

画像出典:DailyMail Online

もちろん笑い事ではない。

その牛は約500kg近い体重で、その勢いやパワーは想像せずとも理解できるだろう。

周りにいた別の闘牛士たちが助けに入る。血を流し倒れるロカさんの姿に、観客は大パニックである。

信じがたい事に、急所は外れており命には別状は無く、幸運にも彼は事なきを得たのであった。

最終的にロカさんはこの牛に勝利を収めたという。
 

画像出典:DailyMail Online

実はこの様な出来事は、初めてではない。ロカさんは1年前にも闘牛によって大変な怪我を負わされている。
 

画像出典:DailyMail Online

画像出典:DailyMail Online

画像出典:DailyMail Online

ロカさんの口めがけて、角が一直線! なんとも痛ましい映像で、前歯を折られ大量に口から血を流している。この時も、本人はダメージを負っていないそうで、この試合の後すぐに病院に搬送され治療を受けている。

その後すぐに闘牛士として復帰したのは言うまでもない。

常人には理解できない出来事だが、1つ言えるのは絶対にマネしないこと。彼の失敗は、勇者になることの難しさを教えてくれただろう。

 
(※↓詳しくはコチラへ)参照・画像出典DailyMail Online/Bullseye! The VERY eye-watering moment a matador is gored in the buttocks by a raging bull but incredibly he waddles away with just minor injuries(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ