火。
 
 
おこしたい、チャッカマンもマッチもライターも、持っていなくても!
 
 
ペットボトルで火をおこす方法。
 
 

 

用意するもの、ペットボトル、水、3枚以上の紙。
 
 

黒い印刷面が出るように、紙を折る。
 
 

太陽の光→水の入ったペットボトル→紙の順に、光が紙の黒インク部分に当たるように持つ。
 
 

次第にけむりが出てくる。
 
 

穴がコイン大になってきたら、ほかの紙を重ねて層をつくり、空気が通るように振る。
 
 

火がつく!!
 
 

小学生のとき虫メガネで火をつけた要領、ペットボトルで再現できる!
 








この記事に関するまとめ