アメリカの大学の研究者が、睡眠時間の違いによって脳の働きにも違いがあることをつきとめたそうだ。

 

画像出典:Youtube(AsapSCIENCE)

4時間、6時間、8時間睡眠の3つのグループに分ける。

 

画像出典:Youtube(AsapSCIENCE)

8時間睡眠の人は脳に影響がなく、6時間睡眠の人は酔っているような状態、4時間睡眠の人はより脳の働きが低下していることがわかった。

 

画像出典:Youtube(AsapSCIENCE)

睡眠時間が短いと、脳の働きが著しく低下する。

 

画像出典:Youtube(AsapSCIENCE)

脳が正常の働きをするには、7〜8時間睡眠が必要。これより短くても長くても、生活習慣病などのリスクが高まるという。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(AsapSCIENCE)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ