“ため息”。この何気ない動作に、驚くべき効果があることが研究によって判明した。

 

画像出典:The Guardian

この発表を行ったのは、アメリカ・カリフォルニア州で活動しているとある研究チーム。

学術誌として名高いネイチャー誌に掲載された内容によると、ため息は生物の肺機能の維持に欠かせない動作であるというのだ。

研究チームの一員、マーク・クレンショーさんによると、ため息をつかなければ肺の病気や肺機能が低下する可能性まであるという。

ただ、そのような目覚しい発見の一方、どうして人がストレスを感じたときにため息をつくのかについては、脳の感情を司る部分が関わっていると推測されている程度。

未だ、特定はできていないそうだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:The Guardian/A sigh’s not just a sigh – it’s a fundamental life-sustaining reflex
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ