8歳の息子が大失態!

リュックの中にある水筒の蓋が開いてしまい、任天堂のゲーム機「ニンテンドー3DS」が水没してしまったのだ。

 


男の子自身がカスタマーセンターに電話をかけて、修理の手続きをとったそうで、手紙も同封。その内容が健気すぎると話題になっている。
 

水につけてしまって もうしわけございません。もうぼくといつもいっしょだった3DSとあえないかくごをしたいと思います。これからは水とうのふたを、ちゃんと、しめるように、心がけます。本当にもうしわけありませんでした。

 

気持ちが伝わる手紙だが、任天堂へなぜ謝罪するのかという疑問に対して、若語録【8歳男児の日常】 (@illil_) さんは以下のように答えた。

 


教育としても、自分で修理の手続きをさせるのは素晴らしいこと。

任天堂愛があふれまくっている!

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ