大量のジャガイモを抱え横断歩道を渡ろうとする一人の男性が、ロンドンにいた。

そんな彼がまさに一歩を踏み出そうとしたとき、悲劇が起こる。

まるでコントのワンシーンのように、思いっきり転倒してしまったのだ。

 

 

人通りも多く、そして車も通る大通り付近、おそらく一人でイモを集めていては次の信号までに間に合わないだろう。

しかし、近くを歩いていた人たちは彼のことを見捨てなかった。多くの人が駆け寄り、回収を手伝い始めたのである。

そのおかげで、たったの数十秒程度で作業は終了。オバちゃんから最後の一つを手渡されたあと、男性は足早にその場を去っていくのだった。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Grappa)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ