2008年に発覚した、アメリカ・マサチューセッツ州で起きた「女子高生17人集団妊娠事件」。

事件の背景にあったのは、女生徒たちが集団で一斉に妊娠・出産を試みた驚愕の“妊娠協定”だ。

この“妊娠協定”をモチーフにした衝撃の映画『リュウグウノツカイ』が、

8月2日の公開を前にして注目を集めている。

参照:日刊スポーツ/米女子高生が妊娠ごっこ?17人集団妊娠
参照:映画『リュウグウノツカイ』




この記事に関するまとめ