画像出典:The New Zealand Herald

 

地球からおよそ16光年離れたところに、地球と非常によく似た星が存在すると、
 
オーストラリアのニューサウスウェールズ大学の天文学者によって今年発表されたことをご存知だろうか。
 
 
ちなみに16光年というのは、天文学的には非常に近い距離だという(とは言っても最高の航海速度を持つ「宇宙船ヘリオス」でも約6万8000年かかる計算になるようだが)。
 
 
「Gliese 832c」と名付けられたその惑星は、周辺の星から受ける影響が地球と似ていることから水が存在できる環境ではないかと推測されている。
 
 
しかし現時点では、大気の厚さが地球より厚いため気温が高く水が蒸発している可能性が高く、生命体の存在は難しいだろうとの予想も。
 
 

いずれにしても、地球に似ている星が存在するというのは、ロマンあふれることだ。

 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Astronomy Picture of the Day
参照:The New Zealand Herald/Earth-like planet a ‘stone’s throw’ away
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ