南アフリカの住宅街で、深夜に大きな音を出してドラム演奏をする男。これにはたまらず、付近の住民が文句を言いに来た。
 
 

ドラムを演奏していた男は、今度は「ある音」を流す。
 
 

それは・・・。

 
 

男性と女性が言い争う音。
 
 

すると、音は聴こえているはずなのに、誰も文句を言いに来なかった。
 
 

こちらは、DV問題を取り扱っている団体の動画。あなたなら、見て見ぬふりをせず、深夜の悲鳴に反応することができますか?
 








この記事に関するまとめ