人が亡くなるということは、その現場を誰かが片付けなければならないということだ。

この漫画では、その「誰か」───即ち特殊清掃員の仕事を紹介している。

死が誰にとっても他人事ではない以上、いつかあなたも彼らのお世話になるかもしれない。

精神的にも身体的にも過酷な仕事を誇りを持ってこなす、プロフェッショナルの存在を是非知っていただきたい。
 

 


ネットの反応


・こういう仕事をしてくれる人がいるから 世界が廻ってるんだな… 感謝しなきゃ
・ジョージアのCMの、世界は誰かの仕事で出来ているという言葉を思い出した こういうの見てると、この言葉がどれだけ深いものか分かる
・弟が特殊清掃員をしています。こんなに大変なんだなぁって思いました。 頑張ってくれ弟よ。誇りに思うよ
・真夏の清掃とか凄そうだな……本当に感謝だよ…
・今後自殺、孤独死する人もっと増えると思う。 自分も他人事では無いって思ってるから、そうならない様に動いている。
・「俺はこの仕事にプライドを持ってやっている。」 子供ながらに感動した
・メンタル強すぎてかっこいい。 いくら金積まれてもキツイわ…
 

ViRATES編集人
その大変な仕事は、誰かがやってくれている。考えさせられる内容。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(ヒューマンバグ大学_闇の漫画)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ