アナキン坊やを演じた俳優ジェイク・ロイドが、刑務所から精神科病院へ移された。
 

画像出典:TMZ

ジェイク・ロイドは、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』で幼いころのアナキン・スカイウォーカーを演じたが、その後の人生は生き地獄だった。

俳優引退後、ジェイクは母親への暴行により逮捕され、さらにパトカーとのカーチェイスで木に激突する事故も起こし、2015年から刑務所に収監されていた。

海外メディアTMZによると先週、刑務所から精神科病院へ移され、統合失調症と診断されているという。

 

画像出典:TMZ

ジェイクは2015年のインタビューで、アナキン坊やを演じたことで毎日“生き地獄”になったことを明かしている。学校ではライトセーバーの音マネをされたりと、いじめられる日々だった。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:TMZ/’STAR WARS’ ANAKIN SKYWALKER SCHIZOPHRENIA TRIGGERS JAIL TO HOSPITAL MOVE
参照:Mail Online/’Star Wars fame turned my life into a living hell’: Former child star Jake ‘Anakin Skywalker’ Lloyd on why he quit acting
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ