特に男性は小さい頃に遊んだことがあるであろう「プラレール」。電車のおもちゃにレールをつなげて本格的に鉄道を再現できるのが長年愛されているプラレールの魅力の一つだ。

そんなプラレール、初めはレールを多く集めるのが大変で、「レールが足りない」という思いをした人も多いはず。

しかしそんな問題をものともせず、工夫で補う動画ツイートが今話題となっている。

 

 
足りない部分はそのままレールをつけずにフローリングの上を走らせ、壁に当ててまたレールに乗せるというもの。

「レールがなければ走れない」という概念を覆した。止まることなく走る新幹線に子どもも喜んでいる様子だ。

そしてこの工夫ができるのは、先端が尖っていて壁の衝撃をいなすことができる新幹線ならでは。

これにはこの工夫を賞賛する声と「うちのレールあげます」という声が多かった。

 

 

 

 

 
工夫次第で遊びはもっと楽しくなる。

創意工夫の心を育てていける遊び、素晴らしい!

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ