画像出典:AcidCow.com

 

1914年12月25日。

第一次世界大戦真っ只中の西部戦線では、クリスマスの奇跡が起きていた。

ドイツ軍がロウソクを灯したクリスマスツリーを掲げて「きよしこの夜」を奏でた。

これをきっかけに、前日まで敵国として殺し合いをしてきたイギリス軍とドイツ軍は『クリスマス休戦』に入ったのだった。

画像出典:AcidCow.com

 

画像出典:AcidCow.com

画像出典:AcidCow.com

画像出典:AcidCow.com

画像出典:AcidCow.com

 

互いの国の言葉や、身振り手振りを用いてコミュニケーションを取りながら、親交を深めた両国。

イギリス軍はウィスキーを、ドイツ軍はソーセージをプレゼントとして差し出し、

タバコを交換したり、死者を共に埋葬するなどして過ごしたという。

画像出典:AcidCow.com

画像出典:AcidCow.com

 

戦場でサッカーを楽しむ両国兵士の姿も印象的だ。

画像出典:AcidCow.com

画像出典:AcidCow.com

画像出典:AcidCow.com

画像出典:AcidCow.com

画像出典:AcidCow.com

 

しかし数日後には戦闘が再開され、翌年以降から「クリスマス休戦」はなくなってしまった。

あくまで非公式で行われた「クリスマス休戦」は、敵国との友好的な接触が上層部の怒りを買ったのか、厳しく禁止されたのだった。

画像出典:AcidCow.com

 

2014年の現在も、世界では紛争が起きている。

この聖なる夜に、同じような奇跡をサンタクロースが届けてくれることを願うばかりだ。



(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:AcidCow.com/Christmas Truce (14 pics)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ