ナインティナインが3回目の総合司会を務めて、25~26日に放送された『FNS27時間テレビ2015』(フジテレビ系列)。

「本気になれなきゃテレビじゃないじゃ〜ん!!」としてテーマは「本気」だったのだが、番組の公式Tシャツに書かれた英語に批判が集中している。

「NO FUN NO TV DO HONKY」と、「本気」を英語化して「HONKY」としているのだが・・・。

「HONKY」は白人への差別用語だというのだ。
 


 

 


 


 

goo辞書によると、「(米俗・軽蔑)白人」とある。
 

画像出典:goo辞書

少し調べればわかることであり、制作サイドの誰一人として気づかなかったのだろうか。

番組は岡村隆史さん(45)のダンスライブや、大久保佳代子さん(44)の88kmマラソンなど、「本気」を感じさせる場面もあっただけに非常に残念だ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:『FNS27時間テレビ2015』(フジテレビ系列)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ