テロ事件が世界で多発しているが、最近だとバングラデシュの首都ダッカで起きた人質テロ事件で、日本人7人が犠牲になった。

決して日本人も他人事ではないテロ事件。

テロ対策として覚えておきたいことを、テロ対策の訓練を受けたというYupendyさん(@Yupendy_)がTwitterで紹介している。

それがこちらだ。

 


イラスト付きで非常にわかりやすい。

デツカイさん(@DEXTSUKAI)のコメントも含め、文字でまとめると以下の通り。
 

1.常に出入り口・非常口の位置を確認するくせをつける。

2.大きな柱や仕切り壁などに近いと生存率が上がる。

3.“何か”が起きてもその方向を見ず、逃げる。携帯電話で撮影しない。野次馬しない。落ち着くのは無理でも立ち止まらない。

4.銃乱射・爆発物の場合でもなんでも、とにかく屈んで逃げる。爆風で頭が取れるケースがある。足に怪我を負った場合も這って逃げる。“死んだふり”は通用しない。

5.人とはぐれても探しに行かない。建物・場所から逃げ切れなかった場合は、一人ででもどこか安全なところ(ここは運)に隠れる。

6.化学兵器テロの場合はハンカチが生死を分けるそうなので、できるだけ持っておこう。

7.携帯電話はすぐに切る。鳴って首謀者に居場所が知れてしまうから。

8.近くで爆弾が爆発するとわかった時は、目を閉じ人差し指で抑え、耳を親指でふさぎ、口を開けて伏せたり隠れる。

 

テロに実際あってしまったらパニックになり、上記のことを忘れてしまうかもしれないが、「逃げる・記録しない・立ち向かわない」は最低でも思い出せるようにしたい。

一瞬の判断と行動が生死を分ける問題なので、Yupendyさん(@Yupendy_)が言うように「常識」として必ず頭にいれておこう。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ