カバンやちょっとした金庫などのセキュリティに便利な南京錠。

だが、ちょっとした道具でカンタンに空けることができるようだ。

 

悪用してほしくないが、南京錠でのセキュリティは完全ではないということを知っておく上でも、あえて方法をご紹介したいと思う。

【作り方】

用意するものは、アルミ缶、ハサミ、サインペン。

1.アルミ缶を2.5cm ✕ 6cmくらいの長方形に切り抜く。

画像出典:YouTube(Doc Faulken)

2.線を引き、アルミ板を4分割する。

画像出典:YouTube(Doc Faulken)

 

3.下半分の中央から縦に線を3本引き、ゆるやかなM字を描く。先端が丸みを帯びたM字にするのがポイント。


画像出典:YouTube(Doc Faulken)

 

4.3で描いた線に沿って、ハサミでカットする。

画像出典:YouTube(Doc Faulken)

5.上4分の1を折り込み、切り取った側の両端も折り込む。

こんな形。

画像出典:YouTube(Doc Faulken)

6.切り取った部分を、ペンに巻きつけ丸く形を整える。

画像出典:YouTube(Doc Faulken)

画像出典:YouTube(Doc Faulken)

7.丸めた部分を南京錠の外れる側の棒にフィットさせ、穴に差し込む。

画像出典:YouTube(Doc Faulken)

8.あとは差し込んだ状態でアルミ板をクルクル回すだけで、錠が外れてしまう!

画像出典:YouTube(Doc Faulken)

こんな方法で開いてしまうとは・・・。

鍵を紛失した際の方法としては知っておいていいが、

南京錠はあくまでも簡易的なセキュリティだと思っておいた方がいいかもしれない。

この方法はくれぐれも悪用厳禁。

 

 

画像出典:YouTube(Doc Faulken)








この記事に関するまとめ