世界各地で宗教の違いによって起こる争いは、いつの時代も続いています。
 
 
それでは日本はどうなのか?
 
 
「TED×Kyoto」にて住職である松山大耕(まつやまだいこう)さんが日本の宗教観をわかりやすく解説していますので、ご紹介させていただきたいと思います。
 
 

 

松山さんは、お寺の家に生まれますが、カトリックの学校に通っていました。
 
 

松山さんがアイルランドに行ったとき、自身の生い立ちを語ったところ、現地の女性にこう言われたそうです。
 

「アイルランドでそんなことをしたら、殺されても文句は言えないわよ」
 

そのとき、松山さんは言い返すことができませんでした。

 
 

日本ではクリスマスをお祝いし、正月もあって、海外から見ると節操がないように見えることでしょう。
 
 

ですが、松山さんはこれは日本人の寛容性のある宗教観のあらわれであると言います。
 
 

松山さんはアイルランドで会った女性に、
 
「信じる宗教が違っていてもお互いを尊重し仲良くすることが大事」と今こそ伝えたいと言います。
 
 

宗教は本来、盲目的に信じるものではなく、人々に安心感を与えるもの。
 
 

寛容性のある日本人の宗教観を松山さんは世界に発信していきたいと考えています。

 
 

もちろん各国の歴史的背景により、宗教対立が起こっているわけですが、
 
それでも日本の宗教観を世界に発信することで、大きな気づきになればと思います。

 








この記事に関するまとめ