ロンドン地下鉄で実験された「エスカレーター片側開けて歩くより、両側立って歩かないほうが輸送効率高い」ことを証明するシミュレーションがTwitterで話題になっている。

 


このシミュレーションは、The Telegraphに掲載された『The simulation that proves standing only escalators work on the Tube』の記事から引用されたものである。

「エスカレーターの片側は歩く人のために空けておく」という暗黙のルール(マナー?)が存在しているのは日本だけではないようだ。

実験では「両側に立って歩かない方が輸送効率が高い」と証明しているのだが、Twitterでは賛否分かれる意見が飛び交っている。

 

■Twitterの反応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:The Telegraph/The simulation that proves standing only escalators work on the Tube
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ