「痛い・・・助けて・・・」

ある日、会社の電話にかかってきた突然のSOSは、まったく知らない女性からだった。

 

画像出典:Metro

もしかしたらイタズラ電話かもしれない、実際ほとんどの人はそう思ってしまうだろう。

だがダン・ヴォンさんは疑わなかった。イギリスのカーディーラーで働くこの若き男性は、事情を聞くと女性の家へとすっ飛んでいったのだ。

その後、彼女のに到着し中を確認したヴォンさんは通報が嘘偽りない事実であったことを知る。

そこには血まみれの老婆が横たわっていたのだ。

 
画像出典:Metro

「正直、唖然としちゃったよ。出血もすごかったし」とヴォンさんは話す。

まずは自分が電話で連絡を受けた者であることを女性に告げ応急処置を始めたそうで、ソファーに彼女を寝かしブランケットを用意していたところ、ヘルパーさんと老女の家族がやってきたという。

もう大丈夫だと判断した彼は、後は身内の人たちに任せ仕事に戻ったそうだ。

さすがにその後、2本目の「ヘルプコール」はなかったそうである。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Metro/Grandma dialled wrong number when she had a fall – guy showed up to help her anyway
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ