画像出典:Barrett_Asia_36 by Ryan Polei(Flickr)

 

「好きです! つき合って下さい!」

告白してからつき合うというプロセスは、海外では必ずしも一般的ではないようです。

日本でも“ちゃんと告白する”という行為が少なくなっているようですが、

世界の告白事情はどうなっているのか、まとめてみました。

1.アメリカ

 

「つき合ってください」という言葉はそれほど使わないようだ。デートに行って仲良くなって、暗黙の了解という形でつき合っていくことが多いとか。

 

2.フランス

 

告白はほとんどない。雰囲気からつき合うのか、そうでないのかを読み取る習慣があるから本当にわかりづらいという。

3.イタリア

 

お互いの意志がはっきりしていれば、告白する必要がないというケースが多い。

イタリアでは恋愛に積極的な人が多いイメージがあるかもしれないが、もちろん奥手なタイプもいる。

ただイタリア人の場合、一度いいなと思えば、相手に想いを伝えたい気持ちが抑えきれない傾向があるようだ。

4.スペイン

 

男性と女性が2人で会っても、ただ気軽に出掛けただけ、という認識の場合がある。

「つき合って下さい」といった様な告白はないようだ。

どちらからともなく「キミは僕の彼女」「あなたは私の彼氏」という言葉が出てきたらカップル成立だとか。

 

5.ブラジル

 

告白は一般的ではないようだ。デートを重ねていい雰囲気になれば、Ficar(フィカール=友達以上恋人未満)になる。

その後、真剣な恋愛感情を持ったならばNamorar(ナモラール)に。

 

6.タイ

 

タイの女性は自分から愛を告白することはなく、男性からの告白を待つことが美徳とされているようだ。

 

7.韓国

 

韓国では男性が女性に告白するのが普通。そして、女性は最初の告白を必ず断るのが常識だとか。

理由は、最初からOKすると「軽い女」と思われるからだという。
また、男性は何度も告白するのが礼儀だとし、断られると逆に燃えてくるらしい。

8.台湾

 

台湾の男性は、何度もめげずに告白するそうだ。断っても、定期的に告白してくるとか。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:SEKAIICHI WEB/ブラジル~恋愛事情編~
参照:fermata on line! イタリア留学・旅行話と、もろもろもろ/イタリア的恋愛観について
参照:Latte/情熱の国スペインの意外な恋愛観!日本人から見た文化・価値観の違いとは
参照:goo/アメリカ人は「付き合ってください!」と言わない?
参照:マイナビニュース/付き合う前の”告白”、海外では必ずしも必要ではない!?
画像出典:Barrett_Asia_36 by Ryan Polei(Flickr)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ