赤信号ギリギリで渡るのは当たり前、走ってくる車を止めることになっても会釈一つしない。

外を出歩いていると、このような歩行者をよく見かけるものだ。

ただ態度が大きいだけならばまだいいが、場合によっては事故に繋がりかねない無茶をする人も多い。

ドライバーにとって彼らは、とにかく頭痛の種である。

だが、今回の動画の車の運転手はその真逆、つまり“天使”に路上で遭遇した。

ドライブレコーダーが捉えた、心温まる瞬間の映像をご覧いただきたい。
 

 
急いで渡り、そして一礼。

女の子は恐らく、背格好からして小学校高学年から中学生ぐらいの年齢だろう。

こういった事が出来るということは、普段から両親にしっかりと教育されていることはもちろん、本人も心優しいからに違いない。

世の中「最近の若者は」という批判の声も多いが、この映像を見る限り、世の中まだまだ捨てたものではなさそうだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(club yuru2)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ