食事中のマナーは、国によって千差万別である。

例えば、日本では普通な麺類の“すすり”は、西洋諸国では言語道断の行為であるのは有名な話だ。

今、フランスの食事マナーについて解説する、Twitterユーザー・八代《タカ》隆司 (@taka_paris) さんのツイートが話題になっている。

何でも、日本では割と慣習に近い風習が、論外の扱いであるらしい。

 


 
これがダメなのか・・・。

とは言うものの、もし“失敗”しても仮に食事の相手がフランス人ならば、注意と一緒に止めてもくれるだろう。

そう思えば、日本人同士でフランスに出かけた場合に一番意識が必要となりそうだ。

「日本では大丈夫だし」といっても、やはり相手の国では相手の流儀に従うのがベストなのだから。

 

■Twitter上での反応

 

 

 

 

 

 

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ