ViRATESでも度々雷の恐ろしさをお伝えてしてきたが、今回のニュースはその中でも特に大きな被害レベルかもしれない。

先日、ノルウェーのハダンゲルヴィッダ山の高原で、なんとトナカイ300頭以上が雷に撃たれて死んでしまったという。300頭以上とは、にわかには信じがたいが、自然の厳しさに嘘はない。こちらをご覧いただきたい。

 

画像出典:metro.co.uk

 
画像出典:metro.co.uk

高原にばたばたと倒れてしまっているのは雷に撃れたトナカイの死骸だ。ノルウェーの環境局はトナカイ323頭と子牛70頭の死を確認している。

 

画像出典:dailymail.co.uk

環境局の話では、動物が雷に打たれることはあっても、これほど大規模の被害になることは稀だという。ただ、トナカイなどは悪天候になると一つの場所で体を寄せ合って群れる習性があり、そこに雷が落ちたことで、これほどの大量死を招いてしまった可能性は否定できないそうだ。

 

画像出典:dailymail.co.uk

これにはネット上でも

「かわいそうな動物たち・・・」

「今年のクリスマスにプレゼントを運んでくれるトナカイはいないってわけか・・・」

など、方々からトナカイと子牛を悼む声が寄せられているようだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:metro.co.uk/More than 300 reindeer killed by lightning in Norway
参照・画像出典:dailymail.co.uk/300 reindeer are killed by a single lightning strike after a Norwegian national park is hit by stormy weather
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ