サッカーワールドカップの予選で緊急事態発生!

11月上旬に行われたポーランドVSルーマニアの試合中に、熱狂したルーマニア側のサポーターの手によって場内に爆竹が投げ込まれた!

しかも落ちたすぐ近くには1人の選手、気がついた審判が急いでホイッスルを鳴らすも間に合わず・・・?

 




 

至近距離で大爆発!

ロベルト・レヴァンドフスキ選手は炸裂の影響で完全にショック状態に。その後なんとか起き上がることはできたそうだが、治療中にずっと耳の激痛を訴えていたという。

その後事態の収拾のため10分の中断時間を設けたのち、試合は再開。

事件が結束を固めたのか、試合は終始ポーランド優勢となり、最終的には3対0という点数差でポーランド側の勝ちとなった。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:LiveLeak(Andersms83)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ