注文していない商品が勝手に届き、一方的に代金を請求される『送り付け商法』。

ソフトバンクから突然、身に覚えのない荷物が届いたという人が多数現れ、送り付け商法なのかと困惑する声が集まっている。

また、荷物受取の際“本人確認書類”が必要とのことで、より不信感が高まっている。

Twitterユーザーの声を以下まとめて紹介しよう。

 

 

 

 

 

受取拒否にしたものの、中身は一体何だったのかと釈然としない人もいるだろう。

そんな中、その“謎の荷物”を受取り、中身を確認したというTwitterユーザーの朔花。さん(@sakuhana_wolf)がその中身をアップしてくれた。

 

 


 

なんとその中身とは、「3Gデータ通信端末」を「4G対応モバイルWifiルーター」に無償でアップグレードするという物で、その端末が送付されたそうだ。

しかも、Y!mobileからもお知らせの手紙が届いていたそうなので、「身に覚えがない」と言っている人はその通知に気づいていない可能性もある。

とはいえ、公式サイトで早めにアナウンスをしCMやニュースなどのメディアで取り上げるなどして、告知をもっと広める必要があったのではと考えられる。

詐欺も増えているこのご時世、身に覚えのない荷物が届いたら誰だって警戒するのは当然である・・・。

心当たりのある人は、今一度通知が届いていないか確認して頂きたい。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ